企業様向け使い方

welcome issueを投稿してお気軽にご利用可能!
請求、エンジニアのオンボーディングも簡単!
平均2時間以内にエンジニアから応募が来ます🙋‍♂️

ISSUEの使い方2つ

①単発利用

スポットで知見を獲得したいとき

例) Elasticsearchの導入、分析基盤のセットアップ、レビュアー

②継続利用

1回かぎりではなく、頼みたい時に何度も頼むことができます。
まずはwelcome issueで相性を確かめましょう

例) メールテンプレートの修正、スタイル修正

ご利用ステップ

ステップ1.

手伝ってもらいたいissueを投稿する

・重要な情報を書く必要はありません
・自社の技術スタックに合ったエンジニアを集めるのが目的です

ステップ2.

マッチングしたエンジニアをslack/githubに招待

招待する前にメッセージで条件を確認しておきましょう

ステップ3.

プルリクエストを作成してもらいましょう

社内でオンボーディングファイルを作成しておくととても便利です

ステップ4.

エンジニアからISSUEを通して請求が届く

請求額を確認したら承認しましょう

なぜ使われるのか

企業様向け資料

導入事例を用意しています
サービス説明に申し込んでください