DevOpsエンジニアとは?役割からキャリア、将来性まで徹底解説

0

2024年02月14日 3:10

デジタル変革の波がビジネス世界を席巻する中、DevOpsエンジニアの役割はますます重要性を増しています。

DevOpsエンジニアとは、ソフトウェアの開発(Dev)と運用(Ops)の壁を取り払い、より効率的で革新的なプロセスを実現する職種です。

しかし、この重要な役割について、具体的にどのような業務を行い、どのようなスキルが必要なのでしょうか?

本記事では、DevOpsエンジニアの基本的な定義から始まり、彼らが担う業務の内容、必要なスキルセット、キャリアパス、年収の傾向、そしてDevOpsエンジニアになるための具体的なステップについて詳しく解説します。

この記事を通じて、DevOpsエンジニアという職種の全貌を理解し、キャリア構築に役立つ情報を提供できればと思います。

DevOpsエンジニアとは

image
(出典:国内企業におけるDevOpsの実践状況の推移
DevOpsエンジニアは、ソフトウェア開発とIT運用の間のギャップを埋め、効率的なデリバリーとサービスの向上を実現する重要な役割を担います。

IDC Japan 株式会社の調査によると、日本国内ではDevOpsの実践率が59.3%に上昇し、デジタル変革(DX)の進展と共にその重要性が増しています。

このセクションでは、DevOpsエンジニアの役割、DevOpsの概念の背景、そして彼らが果たす業務範囲についてさらに深く掘り下げます。
H3:DevOpsの定義と哲学
DevOpsは「Development(開発)」と「Operations(運用)」を結合した用語で、開発と運用の連携を通じてより迅速かつ効率的なソフトウェアデリバリーを実現することを目指します。

このアプローチは、システムの安定性を保ちながら、変更を迅速に行い、市場の変化に素早く対応することを可能にします。

DevOpsは単なる技術手法ではなく、協力、コミュニケーション、継続的な改善を重視する文化と哲学という意味も込められています。

日本のDX定着化段階の企業ではDevOps実践率が79.2%に達しており、DXが進行するほどDevOpsの実践率が高い傾向が見られます。
H3:DevOpsエンジニアの役割の多様性
DevOpsエンジニアは、開発と運用の境界をなくし、自動化、連続的な統合(CI)、連続的なデプロイメント(CD)、監視、インフラ管理、セキュリティなど、多岐にわたる業務を担い、コードの品質を保ちながら、迅速なリリースと運用の効率化を図るための重要な役割を果たします。

また、DevOpsエンジニアはチーム内のコミュニケーションを促進し、技術的な障壁を取り除くことで、プロジェクトの成功を支えます。

DevOpsの歴史とその進化

DevOpsは、従来のウォーターフォールモデルの限界を超え、アジャイル開発と連携して誕生しました。

この運動は、リリースサイクルの高速化、品質向上、運用効率の改善などのビジネス上の利点を提供することで注目を集めました。

時間の経過とともに、DevOpsは単なる技術的アプローチから、組織文化としての側面を強化してきました。

これにより、企業はより迅速なイノベーションと市場対応、チーム間のより良い協力関係を実現しています。

DevOpsの進化は、技術だけでなく、組織全体のマインドセットの変化をもたらし、持続可能な成長と競争力の向上に寄与しています。

DevOpsエンジニアの仕事内容

DevOpsエンジニアの職務は、開発と運用の隙間を縮め、効率的なソフトウェアデリバリーとサービスの向上を目指します。

DevOpsエンジニアの仕事は、ソフトウェア開発のライフサイクル全体にわたり、様々な側面をカバーしています。

具体的には、プロジェクトの計画、コーディング、ビルド、テスト、リリース、デプロイ、運用、監視、そしてフィードバックと改善のサイクルに至るまでの各段階で活躍します。

これらの業務を通じて、DevOpsエンジニアはソフトウェアの品質、セキュリティ、パフォーマンスの向上に貢献し、市場要求への迅速な対応を可能にします。

ソフトウェア開発と運用の統合

DevOpsエンジニアは、開発チームと運用チームが密接に協力し、スムーズなソフトウェアデリバリーを実現するための架け橋となります。

コードの継続的な統合、自動化されたテスト、リリースプロセスの最適化などを通じて、開発プロセスを効率化し、製品の品質とリリースの速度を向上させます。

この協力は、リリースサイクルの短縮、コスト削減、より高い顧客満足度を実現することに寄与します。

自動化とそのツールの活用

DevOpsの中核となるのは自動化であり、DevOpsエンジニアはリリースプロセス、テスト、インフラの構築などを自動化します。

これにより手作業を減らし、効率性を高めるとともに、一貫性のあるプロセスを確立します。

Jenkins、Docker、Kubernetes、Ansibleなどのツールを活用することで、これらの目標を達成します。

監視と品質管理の重要性

システムの監視とログの分析は、パフォーマンスの問題やセキュリティ上の脅威を迅速に識別し、対応するために不可欠です。

DevOpsエンジニアは、システムの安定性を確保し、継続的な品質向上を図るために、これらの業務を担います。

セキュリティとコンプライアンスへの対応

現代のソフトウェア開発では、セキュリティは最優先事項です。

DevOpsエンジニアは、開発プロセスの初期段階からセキュリティを考慮し、「SecDevOps」や「DevSecOps」といった原則を取り入れ、リスクを最小化し、コンプライアンス基準を満たす製品の開発に努めます。

セキュリティは開発の全段階にわたって統合され、継続的な監視と改善により、セキュリティの脅威に迅速かつ効果的に対応する体制を確立します。

DevOpsエンジニアに必要なスキル

image
DevOpsエンジニアになるためには、技術的なスキルとプロフェッショナルな能力の両方が必要です。

このセクションでは、DevOpsエンジニアが備えるべき主要なスキルセットに焦点を当てます。

コーディングとスクリプティング

DevOpsエンジニアには、効率的なコーディングとスクリプティングの能力が求められます。

Python、Ruby、Javaなどのプログラミング言語の習得に加え、BashやPowerShellなどのスクリプト言語の知識も重要です。

これらのスキルは、自動化スクリプトの作成や開発と運用プロセスの改善に不可欠です。

システム管理とネットワーキング

DevOpsエンジニアは、システム管理とネットワーキングの知識も必要とされます。

サーバー、ストレージ、ネットワークの管理、設定、トラブルシューティングのスキルが求められるため、LinuxやWindows環境での作業経験が重要です。

自動化ツールとクラウド技術

自動化ツールの知識と使用経験は、DevOpsエンジニアにとって不可欠です。

Jenkins、Ansible、TerraformなどのCI/CDツール、KubernetesやDockerのようなコンテナ技術、AWS、Azure、Google Cloud Platformなどのクラウドサービスへの深い理解が求められます。

ソフトスキルとチームワーク

DevOpsエンジニアには、優れたコミュニケーション能力、問題解決能力、チームワークが求められます。

異なるチームや部門と協力し、共通の目標に向かって作業する能力は、DevOpsの文化的側面において非常に重要です。

DevOpsエンジニアのキャリアパス

image
DevOpsエンジニアとしてのキャリアは、技術的な深化とプロフェッショナルな発展の両方を提供します。

このセクションでは、DevOpsエンジニアが辿り得るキャリアパスと、各段階での成長の可能性について詳細に解説します。

エントリーレベルから上級エンジニアへ

エントリーレベルのDevOpsエンジニアは、基本的な自動化ツールの操作、シンプルなシステム管理タスク、そして基本的なデプロイメントプロセスの管理からスタートします。

徐々にCI/CDパイプラインの構築、クラウドサービスの管理、コンテナオーケストレーションツールの使用など、より高度な技術に取り組み、小規模なプロジェクトのリードやチーム内メンタリングを担うこともあります。

中間層のキャリア発展

中間層のDevOpsエンジニアは、複雑なシステムの設計と管理に関わり、クロスファンクショナルチームと協力し、アーキテクチャの設計、高度な問題解決能力を発揮します。

システムのパフォーマンス監視、セキュリティプロセスの強化、効率的なデータ管理戦略の開発に貢献します。

リーダーシップと専門分野への進出

上級DevOpsエンジニアやリーダーは、チームやプロジェクトの管理、戦略的意思決定、新技術の導入などの責任を担います。

プロジェクトの目標設定、リソース配分、KPI設定と追跡、チームパフォーマンスの評価を行い、特定の技術領域に特化し、組織内でのコンサルタント役を果たします。

独立したキャリアパス

経験と専門性を持つDevOpsエンジニアは、フリーランスやコンサルタントとして独立する選択もあります。

多様な産業やプロジェクトに関わる機会を持ち、自身の技術的視野を広げることが可能です。

柔軟な働き方と自己決定の機会を提供し、個人の専門性を市場で活かすことができます。

DevOpsエンジニアの年収と将来性

image
DevOpsエンジニアは、技術的専門性と業界内での高い需要により、魅力的な年収を得ることが可能です。

このセクションでは、DevOpsエンジニアの年収に影響を与える要因と、キャリアの将来性について掘り下げます。

年収の範囲と変動要因

DevOpsエンジニアの年収は、技術的スキル、業界経験、職務の複雑さ、勤務地によって異なります。

Indeedのデータによると、日本のDevOpsエンジニアの平均年収は約670万円で、特にAWS関連の技術に精通しているエンジニアは、平均年収が約790万円となっています。

高度な専門スキルを持つエンジニアは、市場でより高い評価を受け、それに応じた報酬を得ることが一般的です。

DevOpsエンジニアの市場ニーズ

デジタル技術の進化に伴い、DevOpsエンジニアの市場ニーズは拡大しています。

多くの企業がアジャイルな開発手法と効率的な運用を求めており、DevOpsエンジニアはこれらの要求を満たす鍵となります。

クラウドサービス、自動化、CI/CD、セキュリティなどの分野での専門知識は、今後も高い需要を持つと予想されます。

DevOpsエンジニアの将来性

DevOpsのアプローチと哲学はIT業界でますます重要になっており、DevOpsエンジニアが持つスキルセットは今後も市場で重宝されます。

自動化、セキュリティ、クラウドコンピューティングなどの技術革新に伴い、DevOpsエンジニアは継続的なスキルアップと適応が求められ、これらは長期的なキャリアの安定性と発展性を保証します。

DevOpsエンジニアになるためのステップ

image
DevOpsエンジニアとして成功するためには、段階的なステップを踏むことが重要です。

このセクションでは、DevOpsエンジニアになるために必要なステップと、それぞれの段階の重点を解説します。

基本的な技術スキルの習得

DevOpsエンジニアのキャリアは、プログラミング言語(Python、Rubyなど)、システム管理(Linux、Windows環境)、ネットワーキングの基本、そしてバージョン管理システム(Gitなど)の習得から始まります。

これらはDevOpsエンジニアとしての基盤を築くために不可欠です。

実践的な経験と専門知識の拡充

基礎スキルを身につけた後、実践的な経験を積み、自動化ツール(Jenkins、Ansible)、クラウドサービス(AWS、Azure、GCP)、コンテナ技術(Docker、Kubernetes)などの専門知識を拡充します。

これはインターンシップ、エントリーレベルの職務、または個人プロジェクトを通じて行われます。

継続的な学習と自己成長

DevOpsは進化し続ける分野であるため、継続的な学習が不可欠です。

新しい技術トレンドを学び、オンラインコース、ワークショップ、セミナー、業界カンファレンスへの参加を通じて知識を更新し続けます。また、コミュニティへの参加と知識共有も重要です。

プロフェッショナルネットワークの構築

業界内での強固なネットワーク構築は、新しい機会の創出やキャリア進展に不可欠です。

同僚、メンター、業界イベント、オンラインフォーラムを通じてネットワークを拡大し、経験やアイデアを共有します。

まとめ

この記事では、DevOpsエンジニアの役割、必要なスキル、キャリアパス、年収の傾向、およびキャリア構築のためのステップを紹介しました。

DevOpsエンジニアは、迅速なソフトウェアリリースと効率的な運用を実現するための重要な役割を担い、その需要は今後も高まるでしょう。

技術的な専門性を高め、市場動向に適応する能力が成功の鍵です。

この記事がDevOpsエンジニアへの理解を深め、キャリア構築に役立つことを願っています。

# Dart
# .Net
# AWS
# C#
# HLSL
# Next.js
# ISSUE
0

診断を受けるとあなたの現在の業務委託単価を算出します。今後副業やフリーランスで単価を交渉する際の参考になります。また次の単価レンジに到達するためのヒントも確認できます。

-

ランク

目次を見る