SmartHR完全ガイド!人事・労務業務の革新をもたらすクラウドソリューション

0

2024年01月25日 16:46

SmartHRは、現代の企業が直面する人事・労務管理の課題に革新的な解決策を提供するクラウドベースのソフトウェアです。

50,000社を超える導入実績を持つSmartHRは、業務効率化からタレントマネジメント、組織改善まで、人事部門のあらゆるニーズに応え、人事・労務業務のペーパーレス化、データの一元管理、効果的な組織運営を実現し、多くの企業にとって不可欠なツールとなっています。

本記事では、SmartHRの料金体系、主な機能、導入時の注意点について詳しく解説し、あなたのビジネスにSmartHRがどのように役立つかをご紹介します​​​​。

SmartHRとは

image
SmartHRは、現代のビジネス環境において重要な役割を果たす人事・労務管理の効率化を目指して設計されたクラウドベースのシステムです。

人事部門に求められる多様な要件に応えるために、SmartHRは、業務プロセスの合理化、データ管理の最適化、そして組織の全体的なパフォーマンス向上を実現します。

SmartHRの基本情報

SmartHRは、株式会社SmartHRによって提供されるクラウドベースのタレントマネジメントシステムです。

SmartHRは、人事・労務業務の効率化を図り、組織改善を実現するための多機能プラットフォームを提供しています。

従来の人事・労務業務における書類の回収やチェック作業などの手間を大幅に削減し、組織の生産性向上に貢献します。

効率化とデータ管理の実現

SmartHRを利用することで、人事・労務業務が大幅に効率化されます。

ペーパーレス化により、入社手続きや雇用契約、年末調整など、さまざまな手続きの工数を約88%削減することが可能です。

また、従業員情報が自動的にデータベースに集約され、常に最新かつ正確な人事データの一元管理が実現され、企業は時間とリソースを戦略的な人材管理に投資することができます。

組織改善への応用

SmartHRのもう一つの大きな特長は、蓄積されたデータを活用して組織改善を実現できることです。

データの可視化や分析を通じて、人事評価やタレントマネジメントが効果的に行えます。

このアプローチにより、企業は組織のパフォーマンスを向上させることができるとともに、より納得感のある人事施策の実施が可能になります​​​​​​。

SmartHRの料金プラン

image
SmartHRは、企業の規模やニーズに応じて選択できる柔軟な料金プランを提供しており、企業は必要な機能を最適なコストで利用できるようになります。

このセクションでは、SmartHRのさまざまな料金プランと、それぞれの特徴を詳しく見ていきます。

SmartHRの料金体系

SmartHRでは、初期費用やサポート費用は無料で、利用するプランに応じて月額費用が設定されています。

利用できる機能やサービスの範囲は、選択したプランによって異なります。

料金プランの紹介

機能 / プランHRストラテジープラン人事・労務エッセンシャルプランタレントマネジメントプラン
従業員データベース⚪︎⚪︎⚪︎
履歴閲覧・編集⚪︎⚪︎⚪︎
履歴登録⚪︎⚪︎⚪︎
予約管理⚪︎⚪︎⚪︎
申請・承認⚪︎⚪︎⚪︎
スキル管理⚪︎⚪︎⚪︎
CSVカスタムダウンロード⚪︎⚪︎⚪︎
社会保険・雇用保険⚪︎⚪︎-
電子申請⚪︎⚪︎-
年末調整⚪︎⚪︎-
マイナンバー管理⚪︎⚪︎-
Web給与明細⚪︎⚪︎-
人事評価⚪︎-⚪︎
配置シミュレーション⚪︎-⚪︎
従業員サーベイ⚪︎-⚪︎
分析レポート⚪︎-⚪︎
カスタム社員名簿分析レポート⚪︎⚪︎⚪︎
組織図⚪︎⚪︎⚪︎
多言語化対応⚪︎⚪︎⚪︎
お知らせ掲示板⚪︎⚪︎⚪︎
スマートフォン向けアプリ⚪︎⚪︎⚪︎
カスタマーサクセス⚪︎⚪︎⚪︎
導入サポートコンテンツ⚪︎⚪︎⚪︎
チャットサポート⚪︎⚪︎⚪︎

※注:この表はSmartHRの公式ウェブサイトから得られた情報に基づいています。
プラン内容は変更される可能性があるため、最新の情報については直接SmartHRに確認することをお勧めします​​​​​​。

SmartHRの特長

image
SmartHRは、その革新的な特長により、企業の人事・労務管理を大幅に改革します。

効率化とデータ管理、組織改善に至るまで、このシステムが提供する多様な機能を通じて、企業が直面する課題を解決します。

ここでは、SmartHRの主要な特徴とそのビジネスへの影響を詳しく解説します。

ペーパーレス化による効率化

SmartHRは、オンライン上での操作により、人事・労務関連業務をペーパーレス化し、大幅な労働時間の削減を実現します。

例えば、入社手続きや雇用契約、給与明細、年末調整などの工数を約88%削減可能で、これにより紙媒体での管理と比較して時間効率が大幅に向上します。

企業はこの時間を他の重要な業務や戦略的なタスクに充てることができ、組織全体の生産性の向上に寄与します。

外部サービスとの連携

SmartHRは40社以上の外部サービスとの連携が可能で、勤怠管理システムや給与管理システムなどとのAPI・CSVファイル連携を提供しています。

データの一元管理が容易になり、異なるシステム間でのスムーズなデータの流れが実現されます。

企業はこれによって、既存のシステムとSmartHRを効果的に組み合わせ、業務プロセスを最適化することができます。

タレントマネジメントの強化

SmartHRは人事評価、配置シミュレーション、従業員サーベイなど、タレントマネジメントに必要な機能を提供し、人事部門がより効果的な人材育成と組織改善を行うことをサポートします。

データの可視化と分析により、従業員のパフォーマンス評価や組織の課題点の特定が容易になり、納得感のある人事施策の実施が可能になります。

SmartHRの機能

image
SmartHRは、人事・労務管理を画期的に変革するための幅広い機能を提供しています。

従業員のライフサイクル全体をサポートするこれらの機能により、企業は効率的かつ戦略的な人事管理を実現できます。

以下では、SmartHRの主要な機能を詳細に解説し、それぞれが企業の人事・労務プロセスにどのように貢献するかを紹介します。

人事データベース管理

SmartHRの人事データベース管理機能は、従業員情報の集中管理を可能にし、履歴の閲覧、編集、登録を容易にします。

従業員のキャリア履歴、スキル、資格などの情報が一箇所で管理されるため、人事戦略の策定や適材適所の人材配置が効率的に行えます。

労務管理機能

労務管理機能は、社会保険や雇用保険、年末調整、マイナンバー管理など、労務手続きをデジタル化し、ペーパーレス化を実現し、従来の紙ベースの手続きにかかる時間とコストを削減し、人事部門の業務負担を軽減します。

また、従業員にとっても、オンラインでの手続きは便利で迅速なため、従業員満足度の向上にも寄与します。

タレントマネジメント支援機能

タレントマネジメント支援機能は、人事評価、配置シミュレーション、従業員サーベイといったツールを通じて、従業員のパフォーマンス管理と組織開発をサポートします。

人事部門は従業員のパフォーマンスを客観的に評価し、適切な育成計画を立てることができます。

また、組織図の自動作成やカスタム名簿の作成などの機能も提供され、組織の構造と人材の配置を効率的に管理できます。

外部連携と多言語対応

SmartHRの外部連携機能により、企業は既存の勤怠管理システムや給与計算システムとのデータをシームレスに連携でき、データの一元管理が実現され、業務の効率化が促進されます。

多言語化対応機能は、英語、中国語、韓国語、ベトナム語、ポルトガル語などに対応し、国際的なビジネス環境においても異なる言語を話す従業員に対応可能とします。

グローバルな人事管理が可能になり、国際的な人材の採用と管理が効率的に行えます​​。

SmartHR導入企業の事例紹介

image
SmartHRは、多くの企業にとって人事業務の効率化を実現する重要なツールとなっています。

ここでは、実際にSmartHRを導入した企業の事例を通じて、その有効性と成果を探ります。

企業名職種従業員数課題効果
ハウステンボス株式会社レジャー501~2000名ペーパーレスの推進、バックオフィスの体制整備、人事データの一元管理が必要であった。

特に、パート・アルバイトスタッフの評価制度改定に伴い、運用の効率化が急務だった。
SmartHRの導入により、労務での業務効率が向上。

人事評価システムを利用し、既存の従業員情報と連携させることで、一元管理のメリットを実感できた。
藤久株式会社卸売・小売2001~5000名年末調整の業務量が膨大かつ煩雑であり、全国の販売店舗との書類の往来に苦労していた。

人事情報の管理ツールが一元化されていなかった。
SmartHRによる年末調整の実施と給与明細配付、労働条件通知書配付のペーパーレス化により、年末調整のチェック業務負担が軽減され、店舗スタッフとのやり取りが直接可能になり、双方の負担が減少した。
ケンブリッジ・テクノロジー・パートナーズ株式会社IT・インターネット101~500名人事データの保管場所がバラバラで、内製システムの運用が年々難しくなっており、仕様の範囲内でしか施策を進められなかった。SmartHR導入により、労務業務のペーパーレス化が実現し、従業員情報を一元化。

また、権限設定の変更など、柔軟な評価仕様変更体制が確立された。

これらの事例から、SmartHRの導入が、ペーパーレス化、業務効率の向上、人事データの一元管理、評価制度の改善など、多岐にわたる課題解決に貢献していることが明確になります。

また、それぞれの企業が異なる業種に属していることから、SmartHRが多様なビジネスニーズに応える柔軟性を持っていることも示されています。

SmartHRの注意点

SmartHRは多くの企業にとって有効なツールですが、導入に際してはいくつかの注意点があります。

勤怠管理・給与計算機能の欠如

SmartHRは人事管理に特化しているため、勤怠管理や給与計算機能は含まれていません。

これらの機能が必要な企業は、別のシステムを併用するか、SmartHRと連携可能なサードパーティのツールを検討する必要があります。

導入時の社内コミュニケーション

新しいシステムの導入は、従業員にとって変化を意味します。

SmartHRを導入する際には、その目的や使い方、メリットを明確に伝えることが重要です。

また、導入初期の不明点や不安を解消するための社内サポート体制の整備も欠かせません。

データセキュリティとプライバシー

人事情報は機密性が高いため、SmartHRを利用する際にはデータセキュリティやプライバシー保護に特に注意が必要です。

システム導入前に、セキュリティ対策やデータ管理の方針を確認し、必要に応じて強化することが推奨されます。

継続的なシステムのアップデートとメンテナンス

クラウドベースのシステムであるSmartHRは、定期的なアップデートが行われます。

これらのアップデートを適切に管理し、システムのメンテナンスを怠らないことが、長期的な運用の安定性を保つ鍵です。

まとめ

SmartHRの導入は、人事業務の効率化という明確な利点を提供しますが、その導入と運用は慎重に行う必要があります。

注意点を理解し、適切に対応することで、SmartHRは貴社の成長と発展を支える強力なツールとなるでしょう。

人事業務の効率化は、組織全体の生産性向上に直結します。

SmartHRを活用して、貴社の将来をより明るく、効率的に築き上げていきましょう。

# HTML
# Java
# Mask
# C#
# Next.js
0

診断を受けるとあなたの現在の業務委託単価を算出します。今後副業やフリーランスで単価を交渉する際の参考になります。また次の単価レンジに到達するためのヒントも確認できます。

-

ランク

目次を見る