生成AIとは?ChatGPTとの違いや種類、企業の活用事例を解説

0

2024年02月25日 4:36

近年、ChatGPTが急速に台頭したことによって「生成AI」があらゆるビジネス分野で注目を集めています。今後のビジネスや仕事のあり方を大きく変えるかもしれない可能性を秘めている生成AIは、もはやビジネスパーソンが絶対に知っておかなければならない重要な事項の1つと言えるでしょう。

本記事では、そもそも生成AIとはどのようなものなのかという基本的なところから、ChatGPTとの違いや種類、企業の活用事例について詳しく解説します。

生成AIとは

image
そもそも生成AIとはなんなのかという基本的な知識から、従来さまざまなところで使われてきたAIとどのように違うのかについて詳しく見ていきましょう。

生成AIの概要

生成AIとは「GenerativeAI:ジェネレーティブAI」とも呼ばれており、学習済みのデータを活用して新たにオリジナルのデータを自動的に生成するAIのことを指します。

近年では、テキスト生成AI「ChatGPT」が世界的に注目を集めたことを基点として、画像生成AIや音声生成AIなど、多種多様な生成AIがさまざまな分野のビジネスシーンや日常生活において活用されるようになりました。

まだ生成AIを仕事や日常生活で積極的に活用しているという人は少数派ですが、今後人々の生活に欠かすことができないものになることが確実視されています。

生成AIと従来のAIは何が違うのか

従来私たちの日常生活やビジネスで使われてきたAIは、インターネットに挙げられている様々なデータから特徴をつかんで学び、予測することによってデータを作成していました。そのため、従来のAIを活用するためには、作成するものについての特徴を把握できるだけの大量かつ質の良いデータを用意しなければなりませんでした。

しかし、生成AIは従来のAIとは異なり、少ないデータからでも人間と同じような成果を生み出すことができます。これまでのAIとは異なり、作り出される画像やテキストの質が高いので、これまでは「人間にしかできない」と言われていた領域の業務や作業までこなせる可能性を秘めているのです。

生成AIが世界的に注目されている理由

image
生成AIが世界的に注目されるようになった理由としては、働き方が多様化したことによって生産性の向上が求められるようになったことが挙げられます。

例えば、日本では少子高齢化が加速して、現在では労働力不足と生産性の向上が国を上げて解決しなければいけない課題となっています。また、新型コロナウイルスをきっかけとしてリモートワークによる働き方の多様化が浸透し、多くの企業では「従業員の多様な働き方の受け入れ」と「労働生産性の向上」を両立することが求められるようになりました。

少ない労働力かつ少ない労働時間で成果を出すためには、最新のテクノロジーを導入することが欠かせません。生成AIは、日本をはじめとした様々な国が抱えている課題を解決しうる可能性を秘めている代表的な例です。
image
引用:マッキンゼー・デジタル 2023年6月14日レポート「TheeconomicpotentialofgenerativeAI:Thenextproductivityfrontier」のデータに基づきゴールドマン・サックス・アセット・マネジメント株式会社作成
なお、ゴールドマンサックスグループは、世界中の企業の半分が生成AIを導入することによって、各国の国内総生産が年間7%アップする可能性があると推測しています。

生成AIの特徴や仕組み

image
生成AIが活用しているデータ分析の手法は、主に「ディープラーニング」と呼ばれる機械学習の手法です。

【ディープラーニングのイメージ】
image
引用:生成AI時代の人材育成|経済産業省
生成AIは、人間によって与えられた学習データをもとにしてAI自身が最適の回答を探し出していくことにより、今まではAIができなかった「0から1を生み出す」ことが可能となっています。

これまでの機械学習においては「人間が教師となる学習」と呼ばれる方法が使われていたので、AIに対して明確なデータや回答をあらかじめ提示して、AIはその回答を記憶・知識化することにより予測することができていました。

しかし、現在の生成AIはディープラーニングを用いることによって、自ら常に学習を重ねることができるようになっています。これにより、学習データを与えなかったとしてもAIが自分で考えてオリジナルのコンテンツを生み出すことができるようになったのです。

生成AIの種類

image
生成AIは、主に次の5つの種類に分けられます。

1.画像生成AI
2.文章生成AI
3.動画生成AI
4.音声生成AI
5.音楽生成AI

それぞれの特徴について以下で詳しく解説していきます。

1.画像生成AI

画像生成AIは、テキストによって出来上がりの画像イメージを支持することにより、AIが自動的にイラストや画像などを作成してくれるというものです。2023年の時点では、すでにさまざまな種類の画像生成AIが作成されています。

簡単に画像を作成できるという利便性がある一方で、著作権やフェイク画像などの悪用に関するトラブルに巻き込まれる危険性も…。そのため、日常生活だけではなくビジネスシーンにおいて、画像生成AIを使用するのには注意しなければ行けません。

また、イラストや画像の細かい部分に関しては正確に作成できないケースが多いので、自分が思っていたような仕上がりにならない場合もあるでしょう。

2.文章生成AI

文章生成AIは、自然言語処理技術を活用した人工知能のことです。その名前の通り、与えられた指示に基づいて文章を自動的に生成してくれます。

基本的には、人間が入力したテキストデータの構造・意味などを理解して、新たな文章を作り出してくれるという技術です。文章生成AIを日常生活やビジネスシーンに取り入れることによって、業務の効率アップや情報分析力の向上などのメリットを得られる可能性があります。

また、仕事によっては新たなアイディアを生み出すヒントにも活用できるでしょう。一方で、入力したテキストデータによっては、内容が正確ではない文章が作り出されてしまったり、文章自体が不自然なものになってしまったりするので注意しましょう。

そのため、現在の時点では生成した文章に違和感や問題などがないか、人の目で最終チェックを行う必要があります。

3.動画生成AI

動画再生AIは、上記で紹介した画像生成AIをさらに発展させたものです。既存の動画から新しい動画を生成したり、入力したテキストデータをもとにそれに合わせた動画を生成したりする種類があります。

もっとも、現在ではまだ問題点が多く、どれだけ適切なテキストデータや動画を用意したとしても不自然な内容の動画が作成されてしまうケースが多いです。また、学習データの中に含まれる著作権の問題に関しては、現在世界中で議論の的となっています。

なお動画を商用利用したい場合、利用するツールによっては使えないケースや、有料プランに加入すれば利用できるケースなど多種多様であるため、あらかじめ確認する必要があるでしょう。

4.音声生成AI

音声生成AIは、音声合成技術を発展させたとも言えるAIです。合成音声は、録音編集方式と規則合成方式の2つが存在します。

特に、規則合成公式の一つである音声合成技術に関しては、近年のAIが発展したことによって技術革新が進んでいます。私たちの身近な生活の中では、スマートフォンによるAIアシスタントやコールセンターの自動音声などで活用されているのがわかりやすい例です。

ただし、最近では有名人や政治家の音声を生成して、犯罪や不適切な動画に活用するといったことが問題となっています。今後も音声生成AIの技術は進んでいくことが予想されているので、悪用による犯罪被害などに注意しなければならない時代がやってくるとも言われています。

文章生成AIなどと比べるとまだ不自然な点が残っているものの、さらに進化することが期待できる分野と言って良いでしょう。

5.音楽生成AI

音楽生成AIは、大量の譜面を学習させることによって新たな音楽やBGMを生み出してくれるものです。人間が細かく指示を行うことによって、学習したデータをもとに作曲や作詞なども行ってくれます。

あらかじめ曲のコンセプトやテーマなどが決まっていれば、AIがそれに適した音楽を生成してくれるのでかなり便利です。もっとも、現在の時点では学習した譜面のパターンに基づいた音楽を作成することしかできません。

そのため、オリジナリティのある音楽を生み出したいと考えている場合、音楽生成AIでは不十分であると言えるでしょう。単純な曲調やメロディーになってしまうという問題も抱えていますが、他の生成AIと同様にさらなる進化が期待されている分野です。

企業が生成AIを導入する5つのメリット

image
企業がビジネスシーンにおいて生成AIを導入する場合、次の5つのメリットがあります。

1.新しいアイデアの創出
2.カスタマーエクスペリエンスの改善
3.ビジネスプロセスの最適化
4.従業員の生産性向上
5.新規事業の開発

それぞれのメリットについて以下で詳しく解説していきます。

1.新しいアイデアの創出

生成AIをうまく活用することによって、従業員一人一人が新しいデザインや映像、文章などを迅速かつ自動的に生成することができます。

これにより、企業はこれまでよりも効率的かつ迅速に様々なアイデアを生み出すことができるようになるのです。

2.カスタマーエクスペリエンスの改善

生成AIは、人間の発する言葉や会話に対して自然に応答することができます。そのため、顧客のワークフローやサービスをパーソナライズするためのツールとして活用することが可能です。

例えば、AIが搭載されたチャットボットやボイスボット、バーチャルアシスタントを使用することによって、顧客に対して適切に応答し、AIを使用したファーストコンタクトの時点で問題を解決することもできます。

さらに、厳選したコミュニケーションやオファーなどをパーソナライズしたものをAIが提示することによって、顧客のエンゲージメントをこれまでより一層高めることも可能です。

3.ビジネスプロセスの最適化

生成AIを導入することによって、あらゆるビジネスの分野でAIと機械学習を利用することが可能になりビジネスプロセスを最適化できます。この技術は、マーケティングやカスタマーサービス、財務、営業など、あらゆる分野に応用することが可能です。

例えば、生成AIを活用することによって次のようなことが実現できます。

あらゆるソースからデータを抽出して自動的に要約を行いナレッジ検索ができるようにする
マーケティングや財務、広告などの分野においてコストを削減するために行わなければならないことを評価して最適化を行えるようになる
生成AIの作成したデータなどをもとに、その他の機械学習プロセスに必要なデータを作成する

4.従業員の生産性向上

生成AIは、従業員の生産性を向上して、従業員の効率性を高めるアシスタント的な役割も果たしてくれます。例えば、生成AIを活用することによって、次のような形で従業員の生産性を向上することが可能です。

  • レポート作成・要約・予測の生成
  • マーケティング向けのセールススクリプトやDMの作成
  • アプリケーション開発のための新しいソフトウェアコードの提案

うまく活用すれば、これまでよりも時間を節約して、コストを削減し、企業全体の生産性や効率性を高めることができるでしょう。

5.新規事業の開発

生成AIは新規事業の開発にも役に立ちます。生成AIだけで新規事業を作り上げるというのは難しいですが、導入することによって既存業務の効率性が上がったり、ビジネスプロセスを最適化したりすることが可能です。

今まで単純な作業や事務的な業務に充てていた時間を生産性のある仕事に回すことができるので、新規事業開発もこれまでよりやりやすくなります。

また、新しい製品やデザインのアイディアをAIを利用して生成することもできるので、新規事業におけるプロトタイプを迅速に作り上げることが可能です。これにより、新規事業開発のプロセスを簡略化して、時間とコストを削減することもできます。

企業が生成AIを導入する3つのデメリット

image
さまざまなメリットがある生成AIですが、導入することによって次のようなデメリットもあります。

1.品質が安定しない
2.クリエイターの競争が激化してしまう
3.フェイクコンテンツを作成してしまう可能性がある

それぞれのデメリットについて詳しく見ていきましょう。

1.品質が安定しない

企業が生成AIを導入する場合、デメリットの1つとしてあげられるのが品質が安定しないという点です。確かに、生成AIは細かく指示をすることによって複数のオリジナルコンテンツを作り出すことができます。

しかし、使用するAIの質によって品質が安定しない場合もあるので注意が必要です。また、現在の技術では何度も繰り返し使用していると同じようなコンテンツばかり生み出してしまうというデメリットもあります。

新たにオリジナルのコンテンツをゼロから生み出すためには、従来とは違った指示や考え方でAIを活用しなければなりません。

生成AIは、あくまでも既存の存在しているデータに基づいて新しいものを生み出すものであり、こういったデメリットがあることは使用する上で企業は絶対に把握しておく必要があります。

2.クリエイターの競争が激化してしまう

オリジナルコンテンツを人間よりも迅速かつ簡単に生み出せる生成AIは、クリエイターの増加と競争の激化を招く可能性が高いです。

競争が激化することによって、クリエイターがもたらすコンテンツの質が下がってしまう場合もあります。また、オリジナルコンテンツの平均が向上することによって、クリエイターの収入や雇用が減少してしまう可能性もあるでしょう。

3.フェイクコンテンツを作成してしまう可能性がある

生成AIは、画像やニュース、動画など本物にそっくりなものを作り出すことができます。しかし、その一方でコンテンツが悪用されてしまうことも…。

例えば、本物に似せた画像ソーシャルメディアに投稿したことによって、間違った情報が世界中に拡散されてしまい社会が混乱に陥る可能性も考えられます。

また、知らないうちにフェイクコンテンツを作成してしまい、企業として大きな問題に発展してしまうリスクも念頭においておかなければなりません。

生成AIをビジネスで活用する場合の例

image
生成AIをビジネスで活用する場合、次のような利用方法が挙げられます。

1.デザインやアイコン、WEBサイトの制作をサポート
2.クリエイティブ分野におけるアイディア出しやインスピレーション
3.背景素材の作成
4.NFTの販売
5.資料などの挿絵に利用する
6.デジタルコンテンツの販売

それぞれの利用方法について以下で詳しく解説していきます。

1.デザインやアイコン、Webサイトの制作をサポート

例えば、画像生成AIを利用すれば、デザインやアイコンなどを簡単に作ることができます。特に、SNSやWebサイトにおいては、アイコンなどがその人の第一印象に大きな影響を与えます。

例えば、何かのキャラクターや顔がわからないものをアイコンに使用している場合、ユーザーからは顔が想像できない状態です。そのため、相手からは信用されずビジネスにおいての取引や交渉に結びつかないでしょう。

自分自身の写真を使用するのも良いですが、画像生成AIを活用することによって、独自かつ印象的なデザインにしてくれます。また、Webサイトの運営をしている場合、ロゴやアイキャッチなどで差別化をすることは難しいでしょう。

生成AIを利用すれば、会社の求めているイメージやブランドに適したアイコンや素材を簡単に作れます。

2.クリエイティブ分野におけるアイディア出しやインスピレーション

画像生成AIを活用することによって、クリエイティブ分野におけるアイディア出しやインスピレーションが従来よりも簡単になります。

また、ビジネスシーンにおいても、言葉や文章だけではなかなか説明するのが難しい場面において、テキストデータを入力するだけでそれに関連した画像を生み出してくれる生成AIを利用することにより、これまでよりも簡単にイメージを共有することが可能です。

3.背景素材の作成

画像生成AIは、風景画や背景素材などの画像も簡単に作成することができます。例えば、ゲームなどを作成する際に背景を画像生成AIに任せてしまえば、シナリオやキャラクターなどの作成に時間をかけることが可能です。

4.NFTの販売

画像生成AIによって生み出したアート作品は。NFTマーケットプレイスに出品して販売することもできます。NFTとは、ブロックチェーン技術を用いて代替不可能なものにしたデジタルデータのことです。

NFTを使用することによって、デジタルコンテンツも本物であることが証明できるようになったので、現実と同じような価値が生まれつつあります。ただし、画像生成AIが作成したコンテンツを無加工のまま出品するのは禁じられているので注意してください。

5.資料などの挿絵に利用する

企業のサービスや商品を紹介する場合、事前に分かりやすい資料を用意しておけば具体的なイメージがつきやすくなるので、サービスや商品に関しても理解を深めてもらえます。

分かりやすい資料を作成するためには、文章だけではなく画像などもうまく利用しなければなりません。画像生成AIを利用すれば、資料やパンフレットなどの挿絵に使う画像を簡単に作ることができます。

6.デジタルコンテンツの販売

画像生成AIを利用して作成したものを加工することで、LINEスタンプのようなデジタルコンテンツの販売に利用することもできます。

企業の生成AI活用事例

image
最新技術を活用した既存のビジネスモデルの改革や改善は常に行われており、大企業がいち早く着手するというのも珍しいことではありません。

ここでは、実際に大手企業や有名な企業がどのように生成AIを活用しているのか、具体的な事例についてご紹介します。

パナソニックコネクト

パナソニックコネクトでは、国内全社員を対象とした生成AIを用いたツールの導入をいち早く決定しました。

MicrosoftAzureOpenAIServiceを活用したAIアシスタントサービス「ConnectAI」を社内イントラに実装して、全社員がいつでも社内情報に関してAIに質問できる環境を整備。これにより業務の生産性向上につなげることを目標に掲げています。

江崎グリコ社

2023年3月に、江崎グリコ社はバックオフィスに業務効率化の一環として、AIソリューションを提供するAllganizeJapan株式会社と提携し、AIチャットボットの導入をいち早く行っています。

また江崎グリコ社では、生成AIを活用した需要の予測によるマーケティング部門の強化や、健康食品企業としての認知率向上、AIを用いた商品開発による開発期間の短縮など、幅広い部門においてAIを活用した企業戦略を展開することも発表しています。

まとめ:生成AIは今後の企業とビジネスを大きく変える

image
今回は、生成AIの特徴や仕組み、導入するメリット・デメリット、企業の活用事例について解説してきました。

生成AIは、今後人間が行っている様々な業務を飛躍的に効率化してくれると予測されています。うまく活用することによって、自社の既存ビジネスモデルを変革させたり、新規事業を生み出したりなども実現可能です。

もっとも、生成AIが人間の全ての業務を効率化、簡略化してくれるわけではありません。あくまでも使用するのは人間であり、うまく役割分担をしながら、どのようにビジネスにうまく導入できるのか検討する必要があるでしょう。

# AWS
# C#
# GraphQL
# ISSUE
# Next.js
# Vue.js
0

診断を受けるとあなたの現在の業務委託単価を算出します。今後副業やフリーランスで単価を交渉する際の参考になります。また次の単価レンジに到達するためのヒントも確認できます。

-

ランク

目次を見る