フロントエンジニアに向いている人の特徴|活躍するために必要なスキルとは?

0

2024年02月25日 5:11

  • これからフロントエンジニアになろうと思っているけど向いているのかどうか知りたい
  • フロントエンジニアに向いていない人はどんな人?
  • 将来性や必要なスキルについて知りたい

フロントエンジニアにこれからなろうと考えている人の中には、このようなお悩みを抱えているという方も多いのではないでしょうか。人気があり就職や転職を希望している人も多いフロントエンジニアですが、実際になる前に自分が本当に向いているのかどうかというのは気になる点です。

そこで今回の記事では、

  • フロントエンジニアに向いている人・向いていない人の特徴
  • フロントエンジニアとして活躍するために必要なスキル
  • 未経験からフロントエンジニアになるための方法

これらについて詳しく解説していきます。この記事を最後まで読めば、あなたが本当にフロントエンジニアに向いているかどうか明確にすることが可能です。ぜひ最後までお付き合いください。

フロントエンジニアの仕事内容

image
フロントエンジニアに向いているかどうかを知るためには、まずどのような仕事内容なのかについて把握することが重要です。ここでは、フロントエンジニアの仕事内容について代表的な例をいくつかご紹介します。

フロントエンジニアはユーザーが直接操作する部分を作成するのが仕事

フロントエンジニアの主な仕事は、Webサイトやアプリケーションなどにおいて、直接ユーザーが見て操作する部分を開発することです。基本的にはプログラミングやコーディングなどが主な業務内容であり、デザイン自体はWebデザイナーが行います。

ただしプロジェクトな規模や人員の数によっては、フロントエンジニアがWebデザイナーの業務内容を一部行うというケースも多いです。ユーザーが直接見て操作する部分を開発するので、他のエンジニアと比較しても仕事の成果が目に見えやすく、やりがいの感じやすい仕事内容と言えるでしょう。

マークアップエンジニアやコーダーとの違い

フロントエンジニアは、しばしばマークアップエンジニアやコーダーと混同されがちです。基本的には、フロントエンジニアはマークアップエンジニアやコーダーの上位職と扱われています。

フロントエンジニアとマークアップエンジニア、コーダーの主な違いは以下のとおりです。

  • フロントエンジニアはHTMLやCSSだけではなく、JavaScriptなど他のプログラミング言語も扱う
  • JavaScriptなどを活用してアニメーションなど動的なアプリケーションやWebサイトを開発できる
  • Webデザイナーのデザインに基づいてUI(ユーザーインターフェイス)やUX(ユーザーエクスペリエンス)を考慮したWebサイトやアプリケーションの設計ができる
  • 状況に合わせてユーザーにとってより使いやすいシステムや画面を追求してコーディングやプログラミングで工夫を加えることができる

コーダーはHTMLやCSSのスキルを使ってコーディング作業を行い、マークアップエンジニアはサイトやシステムのレイアウト調整や装飾などを行います。フロントエンジニアは、こういったコーダーやマークアップエンジニアの業務に関しても行えるようなスキルと知識を持っていなければいけません。

人気のある職種

フロントエンジニアがよく使うJavaScriptなどもプログラミング言語に関しては、サーバーエンジニアやアプリエンジニアとして働く際にも必要なスキルと知識です。多種多様な開発現場において使われているプログラミング言語なので、幅広い業務に対応することができます。

そのため、フロントエンジニアは他のエンジニアと比較しても求人数が多く、人気のある職種です。ユーザーが直接見て操作する部分を開発する仕事なので、現在だけではなく将来的にも需要がある職種と言えるでしょう。

フロントエンジニアに向いている人の特徴

image
フロントエンジニアに向いている人の特徴は、以下の7つです。

【フロントエンジニアに向いている人の特徴】
1.コツコツと継続して作業を進めることができる
2.物事に対して好奇心旺盛である
3.デザインなどのクリエイティブな仕事に興味がある
4.ユーザー側の気持ちに立って考えることができる
5.コミュニケーション能力がある
6.作業を効率化していくのが好き
7.自分で仮説を立てて行動することができる

それぞれの特徴について以下で詳しく見ていきましょう。

1.コツコツと継続して作業を進めることができる

フロントエンジニアのメイン業務は、Webデザイナーやシステムエンジニアの指示に従って、コーディングやプログラミングをしていくことです。想定していた結果が出るまで、コーディングやプログラミングは何度も繰り返して行わなければいけません。

そのため、コツコツと継続して作業を進めることができる人はフロントエンジニアに向いていると言えます。また、IT関連の仕事であるため、新しいツールや技術が導入されることも多いです。

新しいツールや技術が導入されたとしても、自分が使いこなせるようになるまで、何度もトライ&エラーを繰り返すことも必要となります。

2.物事に対して好奇心旺盛である

IT業界は、他の業界と比較しても技術や知識が進歩していく速度が圧倒的に速いです。そのため、業界の最新動向や最新技術に関する知識を自分から積極的に集めていく姿勢が必要となります。

物事に対して好奇心旺盛で、自分の知らないことに関しても積極的に情報収集を行い、知識やスキルとして身につけることができる人はフロントエンジニアとして活躍することができるでしょう。

3.デザインなどのクリエイティブな仕事に興味がある

フロントエンジニアは、基本的にWebデザイナーが設計したデザインに基づいて、プログラミングやコーディングを行います。しかし、プロジェクトの規模や人員の数によっては、フロントエンジニアがデザインやUC/UIの設計を行うというケースも多いです。

そのため、デザインなどのクリエイティブな仕事に興味がある人はフロントエンジニアに向いていると言えるでしょう。もっとも、ただおしゃれだったり、人々の目を引くスタイリッシュなデザインだったりするだけでは、フロントエンジニアとしてクライアントに満足してもらえるWebサイトやアプリケーションを作ることはできません。

ユーザーの視点に立って、どうすれば使いやすくなるかという考えを常に持ち続けることが重要となります。

4.ユーザー側の気持ちに立って考えることができる

フロントエンジニアが開発するWebsサイトやアプリケーションの部分は、ユーザーが売れて操作する箇所です。そのため、ユーザー側の気持ちになって「どうすれば使いやすくなるか」「どのようなデザインや設計であればユーザーが迷うことなくサイトを利用できるか」といったことを考える必要があります。

開発の手間やコストなどにとらわれることなく「ユーザーファースト」の意識を持ち続けられるかどうかが、フロントエンジニアとして優秀な存在になれるかどうかのポイントです。

5,コミュニケーション能力がある

コーディングやプログラミングをコツコツと行うイメージの強いフロントエンジニアですが、実は高いコミュニケーションが要求される仕事でもあります。基本的に、フロントエンジニアの仕事はクライアントワークです。

クライアントに求められたWebサイトやアプリケーションを制作するためには、細かくコミュニケーションを取りながら開発を進めていかなければなりません。また、業務に携わるのはフロントエンジニアだけではなく、WebデザイナーやWebディレクターなどもいます。

こういった他の業種の人たちともコミュニケーションを円滑におりながら、フロントエンジニアとしての業務をこなさなければいけません。そのため、周囲の人たちとコミュニケーションをとるのが苦ではないという人はフロントエンジニアに向いている可能性が高いと言えるでしょう。

今からフロントエンジニアへの就職や転職を考えている場合、自分のコミュニケーション能力に不安があるのであれば「プロジェクトの一員として他の職種の人たちと円滑にコミュニケーションをとりながらWebやサイトアプリケーションの開発を進められるか」と考えてみると良いでしょう。

6.作業を効率化していくのが好き

フロントエンジニアだけではなく、エンジニアという仕事に向いている人の特徴として「作業を効率化していくのが好き」かどうかという点が挙げられます。基本的に、エンジニアは作業を効率化して進めていくことが常に求められます。

作業の効率化などを考えることなく、言われるがままに業務をこなしていく人はフロントエンジニアには向いていない可能性が高いです。例えば、常日頃から次のような視点を持って、作業を効率化できるかどうか考える癖をつけると良いでしょう。

  • 業務をマニュアル化する
  • 作業を効率化するためのツールを作成もしくは導入する
  • 業務の一部をシステム化や自動化できないか検討してみる
  • 現在の業務やワークフローを定期的に見直す

7.自分で仮説を立てて行動することができる

フロントエンジニアは、Webサイトやアプリケーションを開発したらそれで終わりというわけではありません。基本的に、作成したサイトやアプリケーションのフィードバックを受けつつ、改善していく作業もフロントエンジニアの仕事の一つです。

時には、ユーザーが使いやすいようなアップデートを行ったり、より利便性を高めるために他のサイトやアプリケーションと連携させたりといったことも行う必要があります。もっとも、どのような修正を行えば良いのかというのは明確には定まっておらず、自分で方向性などを考えなければいけません。

そのため、自分で仮説を立てて改善に向けて行動することがフロントエンジニアには必要となります。普段から何か問題があった時や仕事に対して取り組むときなどに、自分で仮説を立てて積極的に行動できている人はフロントエンジニアに向いていると言えるでしょう。
##bフロントエンジニアに向いていない人の特徴
image
次の4つに当てはまる場合、フロントエンジニアには向いていない可能性があります。

1.テクノロジーや最新技術が苦手な人
2.個人で作業をするのが好きな人
3.細かい部分に対してこだわりがない人
4.システムなどに興味がない人

それぞれの特徴について以下で詳しく解説していきます。

1.テクノロジーや最新技術が苦手な人

フロントエンジニアに向いている人の特徴のところでも触れたように、IT業界に属しているフロントエンジニアは常に技術や知識が進化し続けているのが特徴の仕事です。知らない間に新しいフレームワークやプログラミング言語の使い方などが出てきて、自分の知識やスキルがあっという間に古いものになってしまう場合もあります。

そのため、テクノロジーや最新技術が苦手な人、もしくは興味がないという人はフロントエンジニアには向いていない可能性が高いです。ただしエンジニア全般に向いていないというわけではなく、比較的スキルを長く使えて経験が重視されるインフラエンジニアに向いている可能性があります。

2,個人で作業するのが好きな人

フロントエンジニアは、業務の性質上、絶対にバックエンドエンジニアやWebデザイナー、Webディレクターなどと一緒に仕事を行わなければなりません。時にはクライアントとのやり取りを行う必要もあり、積極的にコミュニケーションを取れる人でなければスムーズに業務を進めるのは難しいでしょう。

個人で作業をするのが好きな人やグループで仕事を進めていくのが苦手という人は、フロントエンジニアに向いていない可能性があります。もっとも、個人で作業するのが好きな人であったとしても、フリーランスやリモートワークといった働き方も近年では可能となりました。

そのため、個人で作業するのが好きな人であったとしても、現在ではフロントエンジニアとして活躍できる余地は十分あると言えるでしょう。

3.細かい部分に対してこだわりがない人

フロントエンジニアの仕事は、ユーザーが使いやすいようにWebサイトやアプリケーションを作成することです。そのためには、ユーザー体験を左右するであろうデザインやレイアウトなどについて細かくこだわって作業を行う必要があります。

しかし、細かい部分に対してこだわりがない人の場合、ユーザー体験や満足度につながるであろうデザインが適当なものになってしまいかねません。

4.システムなどに興味がない人

フロントエンジニアは、デザインだけではなくシステム管理なども業務の一環として行う場合があります。しかし、システムなどに興味がない人の場合、システム管理などの業務を行うのはかなりストレスを感じることでしょう。

フロントエンジニアとして活躍するために必要なスキル

image
未経験からフロントエンジニアになる場合、次の方法が考えられます。

  • プログラミングスキルを学ぶ
  • プログラミングスクールに通う
  • ポートフォリオを作成する
  • 未経験可の求人に応募する

それぞれについて以下で詳しく解説していきます。

プログラミングスキルを学ぶ

未経験からフロントエンジニアになるためには、まずプログラミングスキルを学ぶ必要があります。プログラミングスキルを学ぶ方法としては、次の3つが一般的です。

  • 独学で学ぶ
  • 学習サイトを利用する
  • プログラミングスクールに通う

独学でフロントエンジニアに必要なプログラミングスキルを学ぶ場合、他の方法と比較しても費用がかからないというメリットが挙げられます。書籍や無料で利用できるサイト、動画などを利用して勉強していくことになりますが、自分のペースで学習を進めていくことが可能です。

ただし、プログラミング言語を独学で学ぶ場合、エラーや問題などが起きてもどこがおかしいのか気にすることができないというデメリットがあります。どれだけエラーの原因を探したとしても、初心者では見つけることができずに終わってしまうケースがほとんどです。

こういった場面に直面すると、挫折してしまいフロントエンジニアになることを諦めてしまう人がほとんどです。このようなことを防ぐためには、独学や学習サイトの利用だけではなく、プログラミングスクールなどを利用すると良いでしょう。

プログラミングスクールに通う

未経験からフロントエンジニアになりたいのであれば、プログラミングスクールに通ってスキルを習得するのもおすすめです。プログラミングスクールであれば、体系化されたカリキュラムとエンジニアによるわかりやすい授業を受けることができます。

一方で、独学や学習サイトを利用するよりも、費用がかかってしまう点には注意が必要です。

ポートフォリオを作成する

Webサイトを作成するのに必要なプログラミングスキルを身につけたら、実際にポートフォリオとなる作品を作っていきましょう。ポートフォリオとは、自分のスキルや経験をアピールするための実績となるものです。

フロントエンジニアであれば、過去に制作したサイトやアプリケーションなどが該当します。実際にポートフォリオを作成する過程で、自分が学んだスキルや知識を再確認することが可能です。仮に業務経験がない未経験者であったとしても、求人募集に対してポートフォリオを提出すれば、自分自身のスキルや知識を客観的に証明できます。
未経験可の求人に応募する
未経験からフロントエンジニアになりたいのであれば、未経験可の求人に応募するのも良いでしょう。仮にスキルや経験がなかったとしても、仕事をしながらフロントエンジニアに必要なスキルを身につけて就職や転職することができます。

まとめ|フロントエンジニアに向いている人・向いていない人の特徴

image
今回の記事では、フロントエンジニアに向いている人・向いていない人の特徴や活躍するために必要なスキルについて解説してきました。

テクノロジーや最新技術に対して興味があったり、ユーザーファーストの考えができたりする人はフロントエンジニアになっても活躍できる可能性があります。一方で、個人で作業するのが好きだったり、細かい部分に対してこだわりがない人はフロントエンジニアに向いていない可能性が高いです。

今回の記事を参考にして、自分がフロントエンジニアに向いているかそうでないかを検討してみてはいかがでしょうか?

# Astro
# C#
# GraphQL
# Elasticsearch
# Mask
# Nuxt.js
0

診断を受けるとあなたの現在の業務委託単価を算出します。今後副業やフリーランスで単価を交渉する際の参考になります。また次の単価レンジに到達するためのヒントも確認できます。

-

ランク

目次を見る