Salesforceを徹底解説!世界をリードする顧客管理プラットフォームの全貌

0

2023年12月13日 7:25

image
セールスフォース(Salesforce)は、企業の営業支援や顧客関係管理(CRM)を効率化するための強力なツールです。

本記事では、Salesforceの基本的な機能から、その効果的な使い方までを網羅的に解説し、SalesCloud、MarketingCloud、ServiceCloudなどの主要機能の紹介から始め、実際のビジネスシーンでSalesforceを活用するための具体的なステップや成功のポイントについても詳しくご紹介します。

Salesforceの導入を検討している企業担当者の方々、または既に使用しているがさらなる効果を求めている方々にとって、この記事が貴重なガイドとなることを願っています。

Salesforceとは?

image
Salesforceは、クラウドベースのCRM(顧客関係管理)ソリューションを提供する世界的に有名なプラットフォームで、営業、マーケティング、サービスといったビジネスの各分野において、顧客情報の管理や分析、そしてコミュニケーションの最適化を支援します。

Salesforceの強みは、その柔軟性と拡張性にあり、さまざまな業種や企業規模に合わせてカスタマイズが可能です。

CRMシステムとしてのSalesforceは、顧客データの一元管理を実現し、企業が顧客との関係をより深く、かつ効率的に構築できるよう支援します。

例えば、顧客の連絡先情報、過去の商談履歴、購入履歴などの重要な情報を一か所で管理し、それを元にパーソナライズされたコミュニケーションやマーケティング戦略を展開することが可能になります。

また、Salesforceはクラウド上で稼働するため、場所を選ばずにアクセスできるのも大きな利点です。

企業におけるデジタルトランスフォーメーション(DX)の推進にも貢献するSalesforceは、データの可視化や報告機能を備えており、組織全体での情報共有や意思決定を迅速かつ的確に行うことができます。

営業チームやマーケティングチーム、カスタマーサービスチームが同一の情報に基づいて連携することで、顧客体験の向上と効率的な業務遂行が実現可能です。

Salesforceの主要機能

Salesforceは多岐にわたる機能を提供していますが、その中でも特に重要なのが以下の三つの機能です。

これらの機能は、企業のさまざまなニーズに応じてカスタマイズが可能で、効率的な営業、マーケティング、カスタマーサービスを実現します。

SalesCloud

SalesCloudは、Salesforceの中核を成す営業支援ツールです。

営業活動情報の記録、進捗とタスクの管理、売上予測、目標と達成率の管理、売上分析やレポート作成など、営業プロセスのあらゆる段階をサポートします​​。

また、営業チームワークの向上や業務効率化、テレワーク対応など、デジタル化が進む現代の営業環境に対応する機能が満載です。

MarketingCloud

MarketingCloudは、統合的なマーケティングオートメーションツールです。

顧客の行動データを基にしたキャンペーン管理、Eメールマーケティング、ソーシャルメディア分析など、マーケティング活動の最適化を実現します。

さらに、MarketingCloudAccountEngagement(旧Pardot)はB2B企業向けに特化しており、見込み客の獲得から育成、コンバージョンに至るまでのプロセスをサポートします​​。

ServiceCloud

ServiceCloudは、カスタマーサービスを強化するためのツールです。

問い合わせ管理、顧客の問題解決、サポートチームの効率化など、顧客満足度の向上を目指す企業にとって重要な機能が集約されています。

リアルタイムの顧客サポートや自動化された応答システムを通じて、より迅速で質の高いサービス提供が可能になります。

Salesforceの活用方法

image
Salesforceを最大限に活用するためには、その機能を理解し、ビジネスプロセスに適切に組み込むことが重要です。

ここでは、Salesforceを用いて営業活動を効率化し、ビジネスの成功につなげるための具体的な方法を紹介します。

営業プロセスの効率化

SalesCloudを活用することで、営業プロセス全体をデジタル化し、効率化することができます。

顧客データの一元管理により、営業活動の進捗管理、タスクの割り当て、売上予測などが容易になります。

また、営業チームがリアルタイムで情報を共有できるため、チームワークの向上や迅速な意思決定が可能になります​​。

マーケティング活動の最適化

MarketingCloudやAccountEngagementを使用することで、マーケティング活動をデータ駆動型に変革できます。

顧客の行動パターンを分析し、パーソナライズされたキャンペーンを展開することで、見込み客の獲得や育成、コンバージョン率の向上が期待できます​​。

カスタマーサービスの強化

ServiceCloudにより、カスタマーサービスの質を向上させ、顧客満足度を高めることができます。

問い合わせ管理や自動化された応答システムを通じて、迅速かつ効果的な顧客対応を実現し、顧客との長期的な関係構築に貢献します。

レポートとダッシュボードの活用

Salesforceでは、複雑なデータも簡単に分析し、視覚的に表示することが可能です。

レポート機能を活用して、営業成果やマーケティングキャンペーンの効果を評価し、改善点を特定することが容易に行えます。

ダッシュボードを通じて、重要な指標を一目で確認し、データに基づいた戦略的な意思決定を支援します。

Salesforce導入のステップ

image
Salesforceの導入は計画的に進めることが成功の鍵です。

以下のステップは、Salesforceを効果的に導入し、その潜在能力を最大限に引き出すためのガイドラインを提供します。

運用ルールの策定

Salesforce導入の第一歩は、組織内での運用ルールを明確にすることです。

これには、どのデータを入力するか、誰がデータを管理するか、どのようにデータを更新するかなどが含まれます。

現場の意見を取り入れ、実際のビジネスプロセスに合わせたルール設定が重要です​​。

必要データの入力

次に、Salesforceに必要な基本データを入力します。

これには、ユーザー情報、アクセス権、取引先企業名、顧客データなどが含まれます。

データの正確性と最新性を保つことが、効果的な運用には欠かせません​​。

レポートとダッシュボードの作成

データ入力後、レポートとダッシュボードを作成し、データを活用します。

これにより、営業進捗、売上予測など重要な指標を視覚的に把握し、迅速な意思決定を支援します​​。

営業とマーケティングの統合

最終ステップでは、インサイドセールスとマーケティング活動をSalesforceで統合し、効率化を図ります。

MAツールを組み合わせることで、見込み客の特定や販促活動を効果的に行うことができます​​。

Salesforceのサイト機能

Salesforceには、ビジネスのデジタルプレゼンスを強化するためのサイト機能が搭載されています。

このセクションでは、Salesforceを使用して効果的なウェブサイトを構築・管理する方法について説明します。

Salesforceサイト機能の概要

Salesforceのサイト機能では、分析ツール、ワークフロー管理、プログラマブルロジックなど、Lightningプラットフォームの多様な機能を利用することでカスタムページやWebサイトを作成できます。

HTMLの知識がなくても直感的にページを作成でき、マーケティング目的や企業のホームページなど多様な用途に応じて使用できます。

サイト構築と管理のステップ

Salesforceでのサイト構築には、Apexを用いた方法やSite.comを使用する方法があります​​​​。

Apexを使った設定では、プログラミングスキルを活用して高度なカスタマイズが可能です。

一方、Site.comを使用すると、ドラッグアンドドロップのインターフェースで直感的にサイトを構築でき、リアルタイムでの更新や公開が行えます。

サイト機能の活用事例

実際のビジネスシーンでのSalesforceサイト機能の活用事例には、製品紹介ページやイベント告知ページの作成、顧客エンゲージメントを高めるためのコンテンツ提供などが挙げられます。

これらの事例から、Salesforceのサイト機能がいかにビジネスにおいて多様な役割を果たすかがわかります。

Salesforce導入を成功に導くには?

image
Salesforce導入は、単にシステムを設定するだけでなく、戦略的なアプローチが必要です。

このセクションでは、Salesforce導入を成功させるための重要なポイントを紹介します。

推進チームの構築

Salesforce導入の成功には、専任の推進チームの構築が効果的です。

チームは、導入プロジェクトの計画、実行、運用の監視を担い、組織内の異なる部門からの意見を集約し、改善活動を継続的に推進する役割を果たします​​。

推進チームには、IT専門家だけでなく、営業、マーケティング、カスタマーサービスなどの部門からもメンバーを選出し、多角的な視点を取り入れることが重要です。

明確な目標の設定

Salesforce導入時には、改善したいビジネスプロセス、目指す成果、KPI(重要業績評価指標)の設定などの具体的かつ測定可能な目標を設定することが欠かせません。

目標が明確であれば、組織全体がその達成に向けて一丸となり、Salesforceの活用がより効果的になります。

まとめ

本記事を通じて、Salesforceの基本的な概念からその主要機能、効果的な導入方法に至るまで、幅広い情報を提供しました。

Salesforceは、単なるCRMツールを超え、ビジネスのさまざまな側面で価値をもたらす強力なプラットフォームです。

Salesforceは、営業、マーケティング、カスタマーサービスの各分野で効率化と最適化を実現し、企業の成長を加速させる可能性を持っています。

データ駆動型のアプローチと顧客中心の戦略により、企業は競争力を高め、市場での優位性を確立することができます。

デジタル化が進む現代において、Salesforceのようなプラットフォームは、ビジネスの革新と進化に不可欠です。

今後も、Salesforceは新たな機能と統合を提供し続けることで、企業が直面する新しい課題に対応し、より良い顧客体験を創出するための道を切り開いていくでしょう。

Salesforceを導入し、その機能を最大限に活用することで、ビジネスは新たなステージへと進むことでしょう。

今回の記事が、その第一歩を踏み出すための有益な情報源となることを願っています。

# Mask
# React.js
# Nuxt.js
# Python
# その他
# Java
0

診断を受けるとあなたの現在の業務委託単価を算出します。今後副業やフリーランスで単価を交渉する際の参考になります。また次の単価レンジに到達するためのヒントも確認できます。

-

ランク

目次を見る