5,000円/時間以上で働く方法を考えてみた

0

2022年04月23日 9:51

おはようございます。
フリーでエンジニアをしてます寒河江と申します。

先日公開されていた エンジニア200人に聞いて、業務委託単価表を作りました とこれまでの自分の単価と比べてみようと思います。

単価に対して安いとか高いとかいうコメントだけでは実際いくらなのかよくわからないので、
自分の単価を公表して事実を元に議論できるようにしていくのが目的でもあります。

最後に自分が受けた5,000円のオファーや他の人の話を振り返って、
どうやったら5,000円以上で働けるのか書いてみました。

keyvalue
Name寒河江 京我
Birth1993/05/28
Family未婚

大学は法学部で、独学でプログラミングを勉強しました。
独学の期間を含めると歴5年になります。

普段は、シード・アーリーフェーズでweb系のサービスを扱う企業で働いてます。
情報系の学部にいたり大企業にいたわけではないので参考になる情報を届けられるのではないかと思います!

これまでの単価

プログラミングを使って現場で働き始めた時は900円/時間、
5年目の今は4,500円/時間くらいです。

いついくら(年)いくら(月)いくら(時間)なにやってた
2016.8000progateでrubyを勉強
2016.11000railsチュートリアルで勉強
2017.172万6万900円くらい選挙速報のスクレイピング
2017.8480万40万2,500円/時間受託開発でいろいろ
2019.1648万54万3,000円/時間受託開発でいろいろ
2020.5993.6万82.8万4,600円/時間Saasの立ち上げ手伝い
2021.2972万81万4,500円/時間マッチングプラットフォーム手伝い

業務委託の場合は、残業代もしっかり請求するので、
4,000円/時間を超えると年で1,000万超えていきます。

単価表と比較してみた

比較してみましたが、5,000円くらいまでは妥当なんじゃないかなと思いました。
4~5年目くらいまでは普通に行けば単価表通りになると思います。

image.png

単価が上がるタイミングは何かしら自分でアクションを起こした時

自分の希望単価で働くために必要なのは、自分を希望単価で雇ってくれる企業を探す方法を知り行動することだと思います。

単価推移
image.png

900円 → 2,500円の時はエージェントを使った

この時は、地元仙台にいて学生のアルバイトのような状況だったので、東京でフリーランスをやろうと決めました。
エージェント数社(アイデンティティ・プロシート・レバテック)に登録して、1週間後には常駐先が決まりました。

2,500円 → 3,000円の時は単価交渉した

同じ会社に2年弱くらい働いていて、仕事にも慣れてきたことと、週5日から週3日に切り替えようと思ったので、単価を上げて欲しいと打診しました。この時は正直、何ができるようになったのかを伝えてきちんと交渉したわけではありませんでした😅

3,000円 → 4,600円の時は職場を変えた

受託開発会社を辞めて、半年くらいニートをしてたのですが、
知り合いから紹介を受けて初期の立ち上げ時の開発に加わりました。

この時に1,500円以上も上がったので、単価の決め方に興味を持ち始めました。

5,000 ~ 6,000円/時間にあげるにはどうすればいいか

最近、受けた5,000円のオファーだと売り上げはあるけど、まだ開発組織は成長途中の企業さんや、FlutterやFirebaseのようなまだ現場経験を持つエンジニアが少ない技術を扱う企業さんでした。それを踏まえて、5,000円以上で受けられそうな方法を書いてみます。

お金を持ってる会社に行く

  • 出資を受けてるような成長途中のスタートアップなら大型の資金調達をしたタイミングを狙う(STARTUP DB【シリーズAラウンド一覧まとめ】2021年に資金調達したスタートアップなどで資金調達のタイミングや価格が見れる)
  • テレワークが普及したので一概には言えませんが、家賃が高い会社を探す(住所から検索)
  • 今いるところよりも2~3倍以上稼いでいる企業に行けば、自分の給与も1.3倍くらいは増えそう(今いる企業で単価交渉しても企業にとっては割高感があるので難しそう)

image.png

自分の希少価値をあげる(差別化)

  • 市場全体で需要があるが難易度の高く習得が難しい言語や技術を覚える
    • 確度が高いのはAIとか。大規模サービスのfirebaseの運用知見があるとかでも行けると思います
  • 社内で自分が実力的にNo.1になるところに行く(役職をつけてもらうと外部にも実力を証明しやすい)
  • 大企業に入ったり、ネームバリューのある組織に所属したりする
  • 立ち上げたばかりの会社に入る
    • 初期は人不足なので入りやすいし、会社が大きくなったら創業メンバーと名乗れるし、扱ってる言語はモダンだし、0-1、1-100を経験しているエンジニアは少ない

自分の実力を知ってる人に声をかける

  • 前職で一緒だった人や前々から知り合いの経営者やCTOの人に相談すれば、実力を知っているので少し単価を上げてでも雇ってくれる(実力があればですが...!)

結果(5,000~6,000円の働き)の再現性を持たせる

  • 希望単価の人材を引き合いにだし、同じ結果を出せることを証明する

希望単価の求人を読んだり、面談を申し込んで何が求められてるかを知る(歓迎スキルを身につける)

  • (例)大規模なプロジェクトでの TechLead に相当する役割のご経験
  • (例)Laravel-adminの開発経験
  • (例)スタートアップやメガベンチャーでの経験がある方がよりマッチするポジションです。

終わりに

5,000円以上の求人もたくさんありますが、
その分要求水準も高くなるのでしっかり実力が必要になると思います。

いろいろ言いましたが5,000円/時間で働いてるのに4,000円/時間のエンジニアよりもパフォーマンスが低ければ、
雇用主の満足度も下がりますので単価が高ければokというものでもないと思います!
ありがとうござました。


以上です!

# Nuxt.js
0

診断を受けるとあなたの現在の業務委託単価を算出します。今後副業やフリーランスで単価を交渉する際の参考になります。また次の単価レンジに到達するためのヒントも確認できます。

-

ランク

目次を見る